黒獣~気高き聖女は白濁に染まる~ カグヤ × ルー・ルー × マイア 柔肌に蠢く蟲、猛り狂う野獣達の夜 編

女王オリガの国を侵略した
ヴォルト率いる黒犬傭兵団は、
“奉仕国家” の設立を宣言する。

それは、国家に属するすべての女が
男に性的奉仕をするという国。

次々とヴォルトの毒牙に掛かる、
クロエ、オリガ、アリシア、プリム……

六の砦でキッと北を睨むクラウディア。
白の城・バルコニーで
不安な表情を見せるセレスティン。

傭兵団の侵略は、もはや止めることの
出来ないところまで迫っていた……

黒の塔・玉座の間で意識を取り戻したマイア。
四の砦の街中で子供や老人を
守り勇ましく奮闘していた彼女も、
今は旧知の傭兵たちに代わる代わる犯されていた。

「…奉仕国家なんて…… 冗談だろ、ヴォルト……」
秘めていた恋心まで晒され茫然とするマイアを、
当のヴォルトは非情に犯し続ける……

崩壊した五の砦・中央広場の見世物台の上。
「このおーーーっ、たかが人間が! 下等生物が!

よくもボクの砦をめちゃくちゃにしてくれたなっ!
バカクズ死ね死ね死ねーーっ!」

狂犬のようにわめくルー・ルーだったが、
怪力封じの首輪により抵抗も出来ず磔にされる。

巨大なナニを持つトロルに処女を奪われ、
ミノタウロスのさらに凶悪なモノで
失神させられるルー・ルー。

そしてサイクロプスに抱えられ……
「無理だあーーーっ! 絶対無理ぃーーーっ!
死ぬっ、こんなの死ぬってぇ !!」

全壊状態の三の砦。 黒の城に連行されたカグヤ。
「あなた方がいくら私の身体を自由にしようと
…… カミに捧げたこの心は奪えません」

その強がりに不敵な笑みを浮かべたヴォルトは、
赤鬼と青鬼を呼び処女を奪わせ、
いとも容易く絶頂に導く。

続けて蟲を尻に這わせ、
媚薬と共に卵を産み付けさせ……

「…この国のすべての女は、
男に奉仕する商品になる。
たとえそれが、聖なる騎士や
女神の生まれ変わりであっても、だ。」

FANZAで作品詳細を観る

関連キーワード
おすすめの記事