君の魔名はリナ・ウィッチ アイドルのファミリア

【マナ補給は神聖な行為だから
恥ずかしくありません――――――】

・怪物(イーター)と戦う魔女(ウィッチ)たちの
死と絶頂の物語。

★★★製品特長★★★
世界各地に突如として出現した
‘禁忌区’と呼ばれる魔性の空間。
そこから現れる人の精神を喰らう怪物‘イーター’。

あらゆる物理攻撃、核攻撃すら効かない
イーターに人類は無力であり、
精神を喰われた人間達は次々とイーター化していった。

しかし、人類はいつまでも無力ではない。
‘マナ’と呼ばれる生体エネルギーを用いた
攻撃術―――魔法を操り唯一イーターを
倒すことのできる戦士たちの活躍である。

人々は人類希望の戦士たちを
‘魔女’ウィッチと呼んだ―――

■魔法を使えるのは女の子だけ!
人間誰もが持っている、魔法の源マナ。
しかし、男はそのほとんどが
精子として排出されてしまうのだ!

■役立たずな男の役割とは!?
魔女<ウィッチ>たちも生理によって、
大量にマナが失われ魔法が使えなくなります。

そこで編み出されたのがマナを
大量に宿した男性の精子によるマナ補給なのだ!

■魔女<ウィッチ>たちを育てる学園で男女ペアとなる!
国家によって運営される人類防衛のための砦‘ウィッチ・スクール’。
入学と同時に男女がペアとなり、
男は精子タンクならぬマナタンクとして
ペアとなった魔女<ウィッチ>に精子を捧げるのだ!

■マナ補給は神聖な行為だから恥ずかしくありません
学園では効率の良いマナ補給=精子補給が教育される!
SEXは決して卑猥な事ではない。

イーターと戦うために男女ペアはいつでもどこでも
神聖なるマナ補給を決行しなければならない!

魔女<ウィッチ>が快楽を感じれば感じるほど
マナ補給の効率は増大する!
あらゆるSEXテクニックを習得し、
魔女<ウィッチ>を快楽調教せよ!

★★★ストーリー概略★★★
ウィッチとそのパートナー‘ファミリア’を
養成するウィッチ・スクール。
主人公・飯塚俊哉は入学試験には不合格だったが、
絶倫&巨根を見いだされ招待入学という形で生徒となった。

この世界では、魔法の使えない男性に求められるのは、
ウィッチの魔法の源となる‘マナ’の補給。

男性はその体内の「マナ=精子」に強●的に変換されるため、
魔法を行使できない代わりに
精子をウィッチに与える事、つまり性行為で、
マナを半永久的に補給することが可能なのだ。

こうして、俊哉のウィッチ・スクールでの生活が
始まるのだった──

FANZAで作品詳細を観る

おすすめの記事